あつまれどうぶつの森はじめました

あつ森とは?

任天堂Switch用ソフト「あつまれどうぶつの森」の略です。

2020年3月20日発売!

今作は無人島が舞台で、無人島に移住してくるプレイヤーが自分。

無人島に移住して、どんどん島を発展させていきます。いろんな手段を使って。

リアルと同じ時が流れているので、ゆったりとした島時間を楽しめるゲームです。

世界的なコロナ自粛の影響もあってか、プレイしている人は多いようです。

ソフトは買えても、Switch本体が買えない!という人も。

私の島はこんな島

私の島は2020年3月30日にスタートしました。

発売日からなんと10日も経っているんですね。遅れをとりました。

時間操作は?

どうぶつの森はゲームキューブの「どうぶつの森+」からプレイしていますが、私は時間操作をする派です。

時間操作を絶対許せない方がいるのは百も承知でやらせてもらっています。

というのも、ゲームをする時間は限られているので、ゲーム内のイベントも楽しみたいけど、そのためにリアルの予定まで狂わせたくないからです。

ようはいいとこ取りですね。あとはどうしても夜にプレイすることが多いので、お店がやっていない時間だとつまらない・・・

実は最初のほうはリアル時間でプレイしていたんですが、たぬき商店がしまったあと、大量の魚や虫を店の前に並べて、邪魔!だったし、次の日にそれをまた売れないと・・・

ゲームが面白くなくなってきます。

ということで、私の島は時間操作をしています。

特産物は?

私の島の特産物は「さくらんぼ」でした。

なんとまわりに3人もさくらんぼがいて、ちょっと多いのかな、という印象。

ちなみに一番手に入らなかったのは「りんご」です。

推しキャラは?

私の最推しキャラはジュリーです。

どうぶつの種類は馬です。青くてイケメンなんです。

実は3DS版の「とびだせどうぶつの森」は私の不注意でジュリーが引っ越したことがきっかけで引退したようなものでした。

あつ森での目標は?

金のシリーズは手に入れたいです。村の評価も★5。

今作は画像がきれいなのでたくさん写真も撮りたいです。

私にとって「どうぶつの森」シリーズとは?

初めてどうぶつの森シリーズをプレイしたのはゲームキューブの「どうぶつの森+」でした。

どうぶつの森+だけのために、ゲームキューブを買ってもらい、贅沢な小学生でした。

後にも先にも、ゲームキューブ用ソフトは「どうぶつの森+」だけです。

 

私はRPGやアクション系のゲームが苦手で、必ず倒せない敵がでてくる or 進めない謎解きにぶつかるという理由でゲームを全クリしたことがありませんでした。

ゲームがうまい子の隣で見てるのが楽しかった。

そんな私にとって「どうぶつの森」は画期的なゲームでその世界にのめりこみました。

おまけに家具を集めるだとか、お家を作るだとか、大好きだったので、夢中になりました。

私の人生の中でどうぶつの森シリーズの累計プレイ時間がどのくらいなのか気になります。

 

今作では簡単にきれいな写真が撮れるので、ブログにアップしていこうと思います。

住人たちとの出会いと別れ。

あとで見返すと意外と感慨深いものになるんですよね。

あつまれどうぶつの森
\Twitterをしています/
NO IMAGE

無学年式オンライン教材「すらら」

インターネットを通じてゲーム感覚で学ぶことができる対話型のデジタル教材「すらら」
すらら独自の「つまずき診断システム」は、特許登録されています。 全国160 校の私立学校、約757 の学習塾で採用され、約60,000名の e ラーニング・アワード・ フォーラムにて教育部門最高峰の「日本 e-learning 大賞 文部科学大臣賞」を受賞。各メディアでも注目されている次世代教材です。

CTR IMG